認定支援コーチとは

子どもや大人の持つお困り感・困難さを手放せるよう、体遊びや動きなどを通して【体と心の発達を促す方法】を支援します。

発達障がい児は、感覚・知覚・運動において未熟さがあり、そのことで「発達が遅れている」と見られます。また、原始反射(Primitive Reflex)の残存により、学習や生活に支障をきたす場合もあります。(例えば「緊急性迷路反射」が残っていると、階段の昇り降りが難しくなる。姿勢がふにゃふにゃ、読書が難しくなるなど)
これらを統合し能力を引き出せれば発達の助長につながります。そのためには身体全体における感覚や運動の刺激が特に重要となります。その効果が出る大きさや期間は人によってさまざまですが、海外・国内に於ける様々な事例で、原始反射の発達・統合のアプローチによる効果が確認されています。

発達支援コーチ講座においては、原始反射のメカニズムとその発達統合法を学び、【発達の医療的専門的な知識がなくても「家」や「教育現場」で実践できる】シンプルで効果的な手法を学びます。

自閉症やアスペルガーやADHD・・・が何なのか、どうしておきているのか、まだはっきりと解明されていません。しかし脳と身体機能の発達の過程で、自然の経過が何らかの原因で妨げられた時、それらは後の発達にも影響を与えます。

発達支援コーチ講座には、それぞれの脳の発達段階を助けるエクササイズが用意されています。既に学校の先生や医師が発達障がいや学習障害のある子どもたちに働きかけて成果を出しています。また一般の子どもでも、学力がうまくつかなかったり、学ぶことに対して前向きな姿勢を示さなかったりする子ども達への補助的な教育としてとり入れられ、成果を上げています。